明日葉の青汁のビタミン、クマリン、カリウムの効果

【皮膚・粘膜の健康維持】
ビタミンの宝庫のようだと前述したように、ビタミンB2、ビタミンC、そしてβカロテンから変換されるビタミンAなどによって皮膚や粘膜を守り丈夫にしてくれる作用を持っています。

体内と外界との関所のような役割を持つ粘膜の健康を守る事で、免疫力のアップにも関わってきますので、明日葉のビタミンパワーは重要な成分だと言えると思います。

 
【血行促進】
もうひとつ、ビタミンの中でも血流や血行に深くかかわってくる栄養素・ビタミンEを忘れてはなりません。

ビタミンEは全身に張り巡らされた細かい毛細血管を広げて、血行を良くしてくれる働きも担ってくれています。

プラスして前述した抗酸化作用によって、血液自体がサラサラになることで、更なる血行・血流改善が期待できます。

 
【体内の水分バランスの調整役】
「ルテオリン」という成分と、先ほどお話ししたフラボノイドの「クマリン」には、利尿作用がある事が知られています。

余分な水分を排出してくれることで、むくみ改善にも繋がるので特に女性にとっては見逃せない役割ではないでしょうか。

 
【塩分濃度の調整役】
明日葉に含まれるカリウムによって、体内の塩分バランスを調整してくれる作用があります。
体内の塩分は血圧にも深くかかわってきますので、塩分バランスが調整されて血圧が下がる事で、高血圧を予防してくれると言えます。

 

Tags:

Comments are closed.